旅のススメ
海外はおろか国内旅行すらおぼつかなかった管理人が
地球一周の船旅を通し徐々に旅なれていく様子と旅からの学びを詰め込んだ冒険の書
カレンダー
<< 2018年2月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

最新の記事

カテゴリ

スポンサード リンク

最新のコメント

過去の記事一覧


2018年2月の記事一覧


※アジアティーク タクシン駅より船で来るのが一般的?

今回は新婚旅行なので
柄にもなくいつもよりは優雅な旅となる

タイミャンマーの2ヵ国の旅
まずはタイ、バンコクである

いつもであれば空港でシムカードを買うところからスタートするのだが
今回はホテル(アナンタラ バンコク リバーサイド リゾート)でスマホが用意されているらしく
そのまま持ち出して使えるほか、テザリングも問題なし
という事で
空港に到着するとタクシーでホテルへ直行する事とした

※LINEの悪ふざけ

設備は超充実しているし、綺麗だし
リゾートにいるかのようなリッチな気分ではあるが
何もかも高くて、正直落ち着かない感じもあったが…。

すでに奥様は疲れ気味なので、少し休んでから
ホテルの対岸にある、アジアティークという
若者を中心に夜まで盛り上がっているレトロな倉庫を改造した商業施設へ行くことに

※レストランも多数、タイに来たらエビを食べないと始まらない

横浜の赤レンガ倉庫をもっと広大にした感じの施設、といって差し支えないだろう

買い物やお食事を始め他と比べるとちょっと割高ではあるがタイマッサージもあるので、歩き疲れたら癒すこともできるし
新婚旅行で奥様が必ず満足できる要素が満載なのでおススメである。

ただ個人的には値切りがきかない買い物は興味ないし、場所だけ取る置物を買っている場合じゃないし
食事は屋台で地元民と肩を並べて安く済ませるのが、その国を一番味わえる方法だと思うのだが

いかんいかん、今日は新婚旅行という事で
なんども自分に言い聞かせ気を取り直し

タイといえば、と言われる程のニューハーフショーを見てみることに

※ニューハーフショー ムエタイ等もあるようだ

やはり結構人気みたいで、我々の席はとても近いとは言えない場所
どことなく雰囲気はパリでのムーランルージュを思い起こす

※妖艶な雰囲気となった会場内


確かに華麗であるし、女性顔負けというのも納得できる、ショーそのものは各国からの観光客を意識してか、様々な国の文化を取り入れており
飽きさせない構成となっている

※ワンドリンクはチケットについているようだ
ショーが終わると、お姉さまがたが見送りをしてくれるが、これが彼女達がチップを得られるチャンス

舞台では華麗に待った蝶達も、近くで見ればやはり顔も大きいしかなり厳つい体をしているのがわかる
それでいてゼーゼーと息を切らしている演者も居ることから、相当大変な舞台なんだと気づかされる

※夜まで遊べるアジアティーク、チャオプラヤ川周辺のホテルからは専用船が

その後もマッサージ、ナイトマーケットを楽しみ
本日の旅を終えた
今日は休息日、明日からが本格的な旅になるはず…である。



ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by アキ at 2018/02/16 23:15
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

プロフィール
ニックネーム:アキ
誕生日:3月12日
性別:男
自己紹介:
英会話教室に10ヶ月通った後いきなりの飛行機での世界一周、その後たった1週間後にピースボート71回に乗船という、1年以内で違う方法で世界二周するという貴重な経験を。
旅は徐々にバックパッカー風になるも、片手にはモバイルを欠かさない。

貴方が育てるこのサイト
   ↓クリックで応援↓

   ↑清き一票を↑
Copyright 2007 旅のススメ All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog