旅のススメ
海外はおろか国内旅行すらおぼつかなかった管理人が
地球一周の船旅を通し徐々に旅なれていく様子と旅からの学びを詰め込んだ冒険の書
カレンダー
<< 2018年2月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

最新の記事

カテゴリ

スポンサード リンク

最新のコメント

過去の記事一覧


水の都ストックホルムだが水心の無いSJ

スポンサード リンク


※まさに水の都

ストックホルム到着
列車の2時間近い遅れの出発も幾分取り戻したようだが
寒空の下で待たされ、劣悪な環境で熟睡できず出だしはすこぶる悪い

スウェーデンの国鉄にあたるSJは。遅れに対して保証するようだが…。 無視されたり何かで現在も係争中


食べきれずに残しておいた冷え切ったピザを慌ただしく食し早速街に繰り出した

今日の7pmには駅に帰ってこなければならない
緯度の高いこの国ではまだまだ明るいだろう
残念ながら夜景を楽しむことは叶わない


寒い


この街の最初の感想だ

※市庁舎、ここから見る島々もまた美しい

駅から歩いて市庁舎へ向かう
背が高くまるで城のような堅牢で立派な建物だが北欧の景色に慣れてきたのもあって
そこまで大きな驚きはない

しかし市庁舎から見渡す景色は水の都と形容されるのにふさわしい光景だった

※Old Town、カラフルで狭い通りが可愛らしくもある街

そこから見える橋を伝って別の島へ
路地が細くなって高低差が出てきた
この街の一番の観光地であるold townにあっけなく着いてしまった

ここはかの有名なジブリ魔女の宅急便のモチーフになったともいわれる街
本当にそのままである

※歴史を感じる街並み

1人しか通れないほどの狭い路地
石畳、教会
今まで訪れた旧市街でももっとも美しいものの一つだと思う
じっくりゆっくり街歩きを楽しんだ

そんな旧市街にある大聖堂へ
外観はよくある教会と代わり映えしないし
大きさはそれほどある訳ではないが
中にはいるとその豪華絢爛さに驚かされた

※ストックホルム大聖堂、入るにはお布施が必要だが、ぜひ入りたい

その後は橋を渡っていろいろな島へ
さすが水の都である


小高い崖から見下ろす街はほんとうに美しい
夜景を見られないことが悔しい


※様々な食品が並ぶ市場、食風景が堪能できる

街歩きを堪能するとくたくたになってしまった
ルンド行きの深夜列車に乗るため早々と駅に戻った


物価の高いここスウェーデンではトイレに入るのも安くない
列車を待つ間何度も行く羽目になった結果


美しい水の都ストックホルムの思い出が
トイレで散財となってしまった事が悔やまれる

※寝台列車、176cmの俺でぎりぎり、この国の人には小さいに違いない


次はデンマークはコペンハーゲン近郊の小さな港町


↓クリックでランキングがあがります。 応援ありがとうございます。。
にほんブログ村 旅行ブログへ
   にほんブログ村
posted by アキ at 2014/07/12 22:50

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
48 認証:※左の数字を入力
コメント [*]:
※管理者から承認されるまでコメントは反映されません。

検索


リンク

プロフィール
ニックネーム:アキ
誕生日:3月12日
性別:男
自己紹介:
英会話教室に10ヶ月通った後いきなりの飛行機での世界一周、その後たった1週間後にピースボート71回に乗船という、1年以内で違う方法で世界二周するという貴重な経験を。
旅は徐々にバックパッカー風になるも、片手にはモバイルを欠かさない。

貴方が育てるこのサイト
   ↓クリックで応援↓

   ↑清き一票を↑
Copyright 2007 旅のススメ All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog