旅のススメ
海外はおろか国内旅行すらおぼつかなかった管理人が
地球一周の船旅を通し徐々に旅なれていく様子と旅からの学びを詰め込んだ冒険の書
カレンダー
<< 2018年5月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

カテゴリ

スポンサード リンク

最新のコメント

過去の記事一覧


シンガポール イレギュラ0で最高の旅

スポンサード リンク

※マリーナベイサンズ ほんとうにランドマークだらけの国だ

今日もシンガポールを一日観光

これと言って面白い場面には遭遇しない一日だったが
見どころ満載なので何処に行っても飽きることなく
楽しむことができた

まずは世界3大がっかり名所の一つとしても知られる
マーライオンがあるマーライオン公園付近へ

※悪戯なのかデザインなのかは不明

途中、ペンキで悪戯されたのか?はたまたデザインなのかよくわからないフレンチブルドックの像を発見
この手のかわプサイクな犬種が大好きなので
しばし見とれてしまった

※マーライオン 結構な勢いで水を吐き出している

その少し先にマーライオン公園へ
以前に来た時よりも更にお店などが充実しているようにも思う

※チャイナタウン

次はチャイナタウンパゴダストリート周辺へ
買い物に適した定番の場所だが、街並みも特徴的
建物は西洋と中華が入り混じった独特な風貌に
カラフルな壁が美しい

近くには以前の旅で訪れたヒンドゥー教寺院も

※スリ・アリアマン寺院

今回は、以前は外観だけ眺めて入らなかった仏教寺院の内部がすごいという事だったので
入場

※僧侶がたくさん、祈祷の最中か

※壁にびっしり小さな観音像が

新加坡佛牙寺龍牙院


シンガポール最大のマーライオンを見るためだけにセントーサ島に今一度向かう

※りりしく猛々しい表情 シンガポール最大のマーライオン $5で登れる


しばし時間を潰して夜になったので

新名所となったガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

※巨大キノコとマリーナベイサンズ

これは実は植物園であるらしい
キノコのような風貌のものはスーパーツリーグローブと呼ばれている
名前から想像するに木をモチーフにしているのかもしれない

※様々な色に変化、幻想的で毒毒美しい

しかし
形と色どりを見ていると、間違いなく毒性の高いキノコをモチーフにしたと言われたほうがしっくりくるくらいだ
夜景としては非常に美しいのだが

※吉野家 健康志向でベジ牛丼が人気との事、うーんブロッコリー。。

腹ごしらえは吉野家
海外に来てまで日本食チェーンと昔は思って避けてきたのだが
最近は独特のローカライズを楽しむために
積極的に行く事にしている

※夜のマーライオン公園、ナイトショーもあるし見逃せない

写真は無いがナイトサファリへも行けた
夜の9時くらいに到着したが問題なく入場可能
トラムで移動したり、そこから徒歩だったりと
ほとんどすべての動物が見られた

動物園に行っても寝ている動物しか見られないという光景はままあるが
夜行性の動物が活発に活動する様や、夜行性でなくても夜ならではの生態がみられるので
動物好きなら必ず訪れるべき場所だと思う。


まったくトラブルも無い順調な旅
面白い光景に出くわすわけでもない
ある意味平凡な旅とも言えるが
最高の一日となったことだけは確かだ



↓クリックでランキングがあがります。 応援ありがとうございます。。
にほんブログ村 旅行ブログへ
   にほんブログ村
posted by アキ at 2016/10/08 20:52

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
147 認証:※左の数字を入力
コメント [*]:
※管理者から承認されるまでコメントは反映されません。

検索


リンク

プロフィール
ニックネーム:アキ
誕生日:3月12日
性別:男
自己紹介:
英会話教室に10ヶ月通った後いきなりの飛行機での世界一周、その後たった1週間後にピースボート71回に乗船という、1年以内で違う方法で世界二周するという貴重な経験を。
旅は徐々にバックパッカー風になるも、片手にはモバイルを欠かさない。

貴方が育てるこのサイト
   ↓クリックで応援↓

   ↑清き一票を↑
Copyright 2007 旅のススメ All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog