旅のススメ
海外はおろか国内旅行すらおぼつかなかった管理人が
地球一周の船旅を通し徐々に旅なれていく様子と旅からの学びを詰め込んだ冒険の書
カレンダー
<< 2017年7月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

カテゴリ

スポンサード リンク

最新のコメント

過去の記事一覧




地球一周の船旅 ピースボート71回

香港 / ベトナム(ダナン) / シンガポール / スリランカ(コロンボ) / エジプト(ポートサイド) / キプロス(リマソール) / イタリア(カタニア) / チュニジア(チュニス) / モナコ / フランス(マルセイユ) / スペイン(バルセロナ/グラナダ/セビリア/マドリード) / ドミニカ共和国(ラ・ロマーナ) / コロンビア(カルタヘナ) / パナマ(クリストバル) / エクアドル(マンタ/キト) / ペルー(クスコ/マチュピチュ/リマ) / チリ(イースター島) / タヒチ(パペーテ) 

その他
フィリピン(ピナトゥボ火山) / 韓国(ソウル) / カンボジア(アンコール遺跡郡) / 中国(上海/杭州/北京) / 台湾(台北/九份) / マカオ / インドネシア(プランバナン/ボロブドゥール/バリ島) / タイ(バンコク/アユタヤ遺跡郡) / フランス(パリ/レンヌ/モンサンミッシェル) / イタリア(ローマ/フィレンツェ/ナポリ) / イギリス(ロンドン/ストーンヘンジ) / アメリカ(ニューヨーク/ラスベガス/グランドキャニオン) / カナダ(トロント/ナイアガラの滝/バンクーバー)
メキシコ(メキシコシティ/アカプルコ) / ボリビア(ラパス/ウユニ塩湖) / アルゼンチン(イグアスの滝) / ウルグアイ(コロニア・デル・サクラメント/ スウェーデン(ルンド/ストックホルム) / デンマーク(コペンハーゲン/ドラオア)
マレーシア(クアラルンプール / マラッカ NEW  )
posted by アキ at 2020/12/31 00:00
コメント(0)  トラックバック(0)

存在そのものは知っていたが、入出国で利用しているセントレアは比較的イミグレが空いていて混むことがないので
今までは必要を感じていなかった

ところが今回は時間の関係なのか今までみたことない混雑ぶり。

スカスカに空いている自動ゲートに目をやると
手続きは10分程度、今から使えますとあった

長蛇の列の最後尾より思案、おそらく10分近く待つことになるだろう
これこそ頃合いなのかも知れないと思い立ち
登録することにした

申請用紙記入1分、登録3分、出国審査30秒

ということで、あっさりもといた列を牛蒡抜き
セントレア以外も成田や羽田、関西などの国際空港でも使えるし
有効期限もパスポートの有効期限の1日前まで使えるようだから
登録しておいて損はないだろう

普及がもっと浸透するまでの間
混雑を後目につかのまの優越感に浸るとするか

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by アキ at 2017/04/08 11:02
コメント(0)  トラックバック(0)

※山頭火/SMクラーク店

フィリピンのSMクラークに有名ラーメン店「山頭火」があった
海外にてラーメンの禁断症状が出ていたのもあって突撃

あわせ味らーめん P380

まかない料理から生まれた塩・醤油・味噌を合わせたスープはまろやかでこくがあり絶品
チャーシューもとろけるような味で
フィリピンにいるのだが、本格的なラーメンと間違いなく言えるレベル
日本で山頭火に行ったことは無いのだが、麺はやや粉っぽくて好みではなかった。
海外に展開するラーメン店は、麺も日本から取り寄せている店舗もあるがどうなのだろう


みそらーめん P345

優しい味わいで美味、スープは個人的には
あわせ味らーめんの方が良かったかも


久しぶりのラーメンという事もあって
スープの一滴まで完食
御馳走様でした


ほんの7年前くらいはまだラーメンが世界に浸透しておらず
どう見ても日本人でない人が作る偽物のラーメンもどきの料理と、おまけに寿司や天ぷらまで扱っちゃっているカオスみたいな店しかなかったんだけど

最近はラーメンも徐々に世界展開してきて
かなりの国で有名店が進出している

麺を食べないと禁断症状がでる身としては
旅行に適した時代になりました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by アキ at 2016/11/13 20:35
コメント(0)  トラックバック(0)



海外旅行の悩みの種の一つに
飛行機、長距離バス・列車などの座席疲れがあります。
特に首に関しては、疲れやすい長旅もあってか
ウトウトした後に寝違えてしまうことがしばしば

タオルなどがある時は首に巻いてみたりするのですが
なかなかしっくりこないことが多くて、仮眠をとるのにぐったりなんて事もあります。

そこで気になっていたCabeau evolution pillowをついに購入、ネックピローとしてはお高めの4500円くらいでした。


10時間を超えるフライト、2~3時間の軽めのフライト
長距離バス等々で使ってみたので
感想を記したいと思います。



ご覧のとおり、かなり高さがあります。
これが首をしっかりと支えてくれます。
低反発がいい感じです。

サイドポケットには携帯電話等を入れることができるようです。



畳むと上記のようにコンパクトになります。かさばる荷物の持ち歩きを避けたい旅にも邪魔になりにくいです。


<評価プラス>
快適! 快眠!
この商品、これが為の物ですからね、本当に快適なんです。
驚いたのは10時間を超えるフライトでも首の疲れを感じませんでした。
1~2時間のフライトですらコクリコクリを繰り返すうちに首を寝違える筆者ですのでこの効果には驚きました。
今後の旅行には欠かせないアイテムになりそうです。


清潔に使える
カバーを取り外して洗うことができるので
いつも清潔に保つことができそうです。
なにぶん快眠すればヨダレで汚してしまいますからね


コンパクトになる
この手の商品、気になっていたものの手を出さなかったのは
ただでさえかさばる荷物をこれ以上増やしたくないという事からでした。
もちろん荷物になるんですが、思ったよりコンパクトになりますので
この快適さを得られるためならこのスペースは許容できます。


<評価マイナス>
暑い…。
心地良い低反発を実現するために犠牲になっているのか??通気性が悪いようで
かなり熱が籠る感じがあります。
ブランケットが必要なほどの環境であれば問題ありませんが
室温が高い場合には汗ばんでしまい、心地悪く使うのをやめてしまう場合もありました。


耐久性??
素材の関係でしょうか?数回使っただけですが
首の後ろの部分が裂けてしまいました。
使用感に大きな差はでなさそうなのでまだ良いのですが…。



重い…。
こちらも素材の為でしょうが、コンパクトにはなるものの
重量はかなりある感じがあります。
移動の時だけに持ち歩くようにすれば良いのですが
急なバス移動が途中で入ったり、大渋滞にはまったりした時に
「ああ、ホテルに置いてきていたわ…。」
って事がありました。



マイナス面も結構書きましたが、基本満足しています。
破損はちょっと気になりますが…。

これからも良き旅のお供として活躍してくれそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by アキ at 2016/10/31 15:35
コメント(0)  トラックバック(0)

※ゆったりシートにご満悦の奥様

今日はシンガポールからマレーシアはクアラルンプールへ
バスなので一日移動日という事になる
バスターミナルはシンガポールの割には汚くて
いかにも胡散臭い小売りが密集している
最期の買い物とマッサージなどで時間を潰し
出発を待った

バスはゆったり2列シートでリクライニングがかなり倒せて
専属モニターで映画も見れるし
マッサージ機能も無駄についていたりして快適そのもの

※ジョホール水道を再び さよならシンガポール

乗客に派手目の3人組お姉さま達が、顔立ちから通じ合うのか
俺の奥様に話しかけてきた
どうやらフィリピン人のようである

彼女たちはエンターテイナーらしく
シンガポールは観光で訪れ、マレーシアで興業があるらしく向かうところなんだとか

どおりで、普段着なのだろうが、どこか夜の世界の匂いみたいなものが漂っていた


到着した時と同じようにイミグレを通る
シンガポールの出国は非常にスムーズに

マレーシアの入国は、かなり混雑
このように国境を通るとき、設備の違いと対応の違いに驚くときがある

我々とは違う列に向かった3人のエンターテイナー達だったが
一人目がかなり長く管理官につかまってて
結局我々が抜かしてしまう

すれ違いざまに表情を伺うと、今にも泣きだしそうに必死に何かを訴えていた

お先にバスに戻ったのだが、彼女たちを残し全員が戻ってから30分経っても、バスは一向に発車しない
特にアナウンスもなかったが
我々は彼女たちの入国に問題があったのだと気づいていた

結局、彼女たちは姿を現したのだが40分程度は彼女達だけでかかっていただろうか

奥様が彼女たちに何かあったのか聞いている
曰く

彼女たちの身元確認等で手間取ったとの事
入国の理由や、出国の日程など
もろもろの確認に

また、通過できたからばれなかったと考えられるが
彼女たちのパスポートに記載されているのは
実は本名ではないらしい

このご時世にそんな事ができるのかまったく意味不明であるが


確認したわけではないが
彼女たちのガタイなどから想像するに
本当は男性なのではないかという気もしている

体を女性に転換し、パスポートも女性名に変えているのか…。

彼女たちは、興業 が終わったら本国に帰るのだろうか
エンターテイメントとは都合のよい言葉であるし
あるいはオーバーステイを行って何かで荒稼ぎするのだろうか、邪推が止められない

いずれにしても闇が深いと勝手に感じる出来事であった

※車内食 シンプルだがチキンがおいしかった

※マレーシアのどこかの休憩場

明日は本旅行も最終日
クアラルンプールをぶらり旅する


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by アキ at 2016/10/10 21:36
コメント(0)  トラックバック(0)

検索


リンク

プロフィール
ニックネーム:アキ
誕生日:3月12日
性別:男
自己紹介:
英会話教室に10ヶ月通った後いきなりの飛行機での世界一周、その後たった1週間後にピースボート71回に乗船という、1年以内で違う方法で世界二周するという貴重な経験を。
旅は徐々にバックパッカー風になるも、片手にはモバイルを欠かさない。

貴方が育てるこのサイト
   ↓クリックで応援↓

   ↑清き一票を↑
管理

Copyright 2007 旅のススメ All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog