旅のススメ
海外はおろか国内旅行すらおぼつかなかった管理人が
地球一周の船旅を通し徐々に旅なれていく様子と旅からの学びを詰め込んだ冒険の書
カレンダー
<< 2018年8月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

カテゴリ

スポンサード リンク

最新のコメント

過去の記事一覧


旅(海外)の記事一覧


 103件中1~5件表示  次のページ
※アジアティーク タクシン駅より船で来るのが一般的?

今回は新婚旅行なので
柄にもなくいつもよりは優雅な旅となる

タイミャンマーの2ヵ国の旅
まずはタイ、バンコクである

いつもであれば空港でシムカードを買うところからスタートするのだが
今回はホテル(アナンタラ バンコク リバーサイド リゾート)でスマホが用意されているらしく
そのまま持ち出して使えるほか、テザリングも問題なし
という事で
空港に到着するとタクシーでホテルへ直行する事とした

※LINEの悪ふざけ

設備は超充実しているし、綺麗だし
リゾートにいるかのようなリッチな気分ではあるが
何もかも高くて、正直落ち着かない感じもあったが…。

すでに奥様は疲れ気味なので、少し休んでから
ホテルの対岸にある、アジアティークという
若者を中心に夜まで盛り上がっているレトロな倉庫を改造した商業施設へ行くことに

※レストランも多数、タイに来たらエビを食べないと始まらない

横浜の赤レンガ倉庫をもっと広大にした感じの施設、といって差し支えないだろう

買い物やお食事を始め他と比べるとちょっと割高ではあるがタイマッサージもあるので、歩き疲れたら癒すこともできるし
新婚旅行で奥様が必ず満足できる要素が満載なのでおススメである。

ただ個人的には値切りがきかない買い物は興味ないし、場所だけ取る置物を買っている場合じゃないし
食事は屋台で地元民と肩を並べて安く済ませるのが、その国を一番味わえる方法だと思うのだが

いかんいかん、今日は新婚旅行という事で
なんども自分に言い聞かせ気を取り直し

タイといえば、と言われる程のニューハーフショーを見てみることに

※ニューハーフショー ムエタイ等もあるようだ

やはり結構人気みたいで、我々の席はとても近いとは言えない場所
どことなく雰囲気はパリでのムーランルージュを思い起こす

※妖艶な雰囲気となった会場内


確かに華麗であるし、女性顔負けというのも納得できる、ショーそのものは各国からの観光客を意識してか、様々な国の文化を取り入れており
飽きさせない構成となっている

※ワンドリンクはチケットについているようだ
ショーが終わると、お姉さまがたが見送りをしてくれるが、これが彼女達がチップを得られるチャンス

舞台では華麗に待った蝶達も、近くで見ればやはり顔も大きいしかなり厳つい体をしているのがわかる
それでいてゼーゼーと息を切らしている演者も居ることから、相当大変な舞台なんだと気づかされる

※夜まで遊べるアジアティーク、チャオプラヤ川周辺のホテルからは専用船が

その後もマッサージ、ナイトマーケットを楽しみ
本日の旅を終えた
今日は休息日、明日からが本格的な旅になるはず…である。



ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by アキ at 2018/02/16 23:15
コメント(0)  トラックバック(0)

<< 前日の日記
※Sultan Abdul Samad Building 大英帝国の植民地時代に建てられた

とうとうこの旅の最終日である

奥様の旅の疲れを考慮して
ゆっくりめのご近所散策とし、ホテルより徒歩圏内のムルデカ広場(独立広場)へ行くことに

独立広場周辺は大胆で広々とした区画で歩きやすく
また歴史的な建造物もありそこそこ見どころがある

※1957年8月31日にユニオンジャック国旗が降ろされ独立した

近くにはモスクもあったのだが、お祈りの時間だったのか入れそうに無かったので
電車に乗って、日本でもおなじみのイオンがある
ミッドバレーメガモールへと向かった

※見慣れたイオンのマーク


※ミッドバレーメガモール内、何やらイベントで賑わう

写真を撮り忘れたが、店内はとても清潔であるし
有名な日系の企業が数多く出店していたので
買い物が好きならよい場所である
奥様のために来たのだが、個人的には
日本のショッピングモールと代り映えはしないので旅行で行く価値はそこまでないかも知れないが
現地に住んでいる人にとってはかなり貴重であろう


買い物も飽きたので、最後はクアラルンプールにある中国式の仏教寺院 天后宮
うまく写真が取れていないが、かなり大きな中国寺院である。

干支にちなんだ動物の像がまあまあ見物だし
ちょっとした高台に位置しているので
クアラルンプールの街並みを見ることもできる

※天后宮 きな粉餅みたいなお菓子を食べたのが良い思い出


クアラルンプールの締めの食事はやはり麺
マレーシアの麺料理はかなり口に合うことが分かった

ともかく、とても旅行しやすく
人種や宗教の多様性に富んでいて
急速に発展していた という
まったく想像もしていなかった姿を見ることができて
とても驚いた旅となりました。

マレーシア最高


※名前を忘れたが…。 マレーシアの麺料理はうまし



※ミーゴレン 定番



ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by アキ at 2018/01/30 20:09
コメント(0)  トラックバック(0)

※山頭火/SMクラーク店

フィリピンのSMクラークに有名ラーメン店「山頭火」があった
海外にてラーメンの禁断症状が出ていたのもあって突撃

あわせ味らーめん P380

まかない料理から生まれた塩・醤油・味噌を合わせたスープはまろやかでこくがあり絶品
チャーシューもとろけるような味で
フィリピンにいるのだが、本格的なラーメンと間違いなく言えるレベル
日本で山頭火に行ったことは無いのだが、麺はやや粉っぽくて好みではなかった。
海外に展開するラーメン店は、麺も日本から取り寄せている店舗もあるがどうなのだろう


みそらーめん P345

優しい味わいで美味、スープは個人的には
あわせ味らーめんの方が良かったかも


久しぶりのラーメンという事もあって
スープの一滴まで完食
御馳走様でした


ほんの7年前くらいはまだラーメンが世界に浸透しておらず
どう見ても日本人でない人が作る偽物のラーメンもどきの料理と、おまけに寿司や天ぷらまで扱っちゃっているカオスみたいな店しかなかったんだけど

最近はラーメンも徐々に世界展開してきて
かなりの国で有名店が進出している

麺を食べないと禁断症状がでる身としては
旅行に適した時代になりました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by アキ at 2016/11/13 20:35
コメント(0)  トラックバック(0)

※ゆったりシートにご満悦の奥様

今日はシンガポールからマレーシアはクアラルンプールへ
バスなので一日移動日という事になる
バスターミナルはシンガポールの割には汚くて
いかにも胡散臭い小売りが密集している
最期の買い物とマッサージなどで時間を潰し
出発を待った

バスはゆったり2列シートでリクライニングがかなり倒せて
専属モニターで映画も見れるし
マッサージ機能も無駄についていたりして快適そのもの

※ジョホール水道を再び さよならシンガポール

乗客に派手目の3人組お姉さま達が、顔立ちから通じ合うのか
俺の奥様に話しかけてきた
どうやらフィリピン人のようである

彼女たちはエンターテイナーらしく
シンガポールは観光で訪れ、マレーシアで興業があるらしく向かうところなんだとか

どおりで、普段着なのだろうが、どこか夜の世界の匂いみたいなものが漂っていた


到着した時と同じようにイミグレを通る
シンガポールの出国は非常にスムーズに

マレーシアの入国は、かなり混雑
このように国境を通るとき、設備の違いと対応の違いに驚くときがある

我々とは違う列に向かった3人のエンターテイナー達だったが
一人目がかなり長く管理官につかまってて
結局我々が抜かしてしまう

すれ違いざまに表情を伺うと、今にも泣きだしそうに必死に何かを訴えていた

お先にバスに戻ったのだが、彼女たちを残し全員が戻ってから30分経っても、バスは一向に発車しない
特にアナウンスもなかったが
我々は彼女たちの入国に問題があったのだと気づいていた

結局、彼女たちは姿を現したのだが40分程度は彼女達だけでかかっていただろうか

奥様が彼女たちに何かあったのか聞いている
曰く

彼女たちの身元確認等で手間取ったとの事
入国の理由や、出国の日程など
もろもろの確認に

また、通過できたからばれなかったと考えられるが
彼女たちのパスポートに記載されているのは
実は本名ではないらしい

このご時世にそんな事ができるのかまったく意味不明であるが


確認したわけではないが
彼女たちのガタイなどから想像するに
本当は男性なのではないかという気もしている

体を女性に転換し、パスポートも女性名に変えているのか…。

彼女たちは、興業 が終わったら本国に帰るのだろうか
エンターテイメントとは都合のよい言葉であるし
あるいはオーバーステイを行って何かで荒稼ぎするのだろうか、邪推が止められない

いずれにしても闇が深いと勝手に感じる出来事であった

※車内食 シンプルだがチキンがおいしかった

※マレーシアのどこかの休憩場

明日は本旅行も最終日
クアラルンプールをぶらり旅する


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by アキ at 2016/10/10 21:36
コメント(0)  トラックバック(0)

※マリーナベイサンズ ほんとうにランドマークだらけの国だ

今日もシンガポールを一日観光

これと言って面白い場面には遭遇しない一日だったが
見どころ満載なので何処に行っても飽きることなく
楽しむことができた

まずは世界3大がっかり名所の一つとしても知られる
マーライオンがあるマーライオン公園付近へ

※悪戯なのかデザインなのかは不明

途中、ペンキで悪戯されたのか?はたまたデザインなのかよくわからないフレンチブルドックの像を発見
この手のかわプサイクな犬種が大好きなので
しばし見とれてしまった

※マーライオン 結構な勢いで水を吐き出している

その少し先にマーライオン公園へ
以前に来た時よりも更にお店などが充実しているようにも思う

※チャイナタウン

次はチャイナタウンパゴダストリート周辺へ
買い物に適した定番の場所だが、街並みも特徴的
建物は西洋と中華が入り混じった独特な風貌に
カラフルな壁が美しい

近くには以前の旅で訪れたヒンドゥー教寺院も

※スリ・アリアマン寺院

今回は、以前は外観だけ眺めて入らなかった仏教寺院の内部がすごいという事だったので
入場

※僧侶がたくさん、祈祷の最中か

※壁にびっしり小さな観音像が

新加坡佛牙寺龍牙院


シンガポール最大のマーライオンを見るためだけにセントーサ島に今一度向かう

※りりしく猛々しい表情 シンガポール最大のマーライオン $5で登れる


しばし時間を潰して夜になったので

新名所となったガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

※巨大キノコとマリーナベイサンズ

これは実は植物園であるらしい
キノコのような風貌のものはスーパーツリーグローブと呼ばれている
名前から想像するに木をモチーフにしているのかもしれない

※様々な色に変化、幻想的で毒毒美しい

しかし
形と色どりを見ていると、間違いなく毒性の高いキノコをモチーフにしたと言われたほうがしっくりくるくらいだ
夜景としては非常に美しいのだが

※吉野家 健康志向でベジ牛丼が人気との事、うーんブロッコリー。。

腹ごしらえは吉野家
海外に来てまで日本食チェーンと昔は思って避けてきたのだが
最近は独特のローカライズを楽しむために
積極的に行く事にしている

※夜のマーライオン公園、ナイトショーもあるし見逃せない

写真は無いがナイトサファリへも行けた
夜の9時くらいに到着したが問題なく入場可能
トラムで移動したり、そこから徒歩だったりと
ほとんどすべての動物が見られた

動物園に行っても寝ている動物しか見られないという光景はままあるが
夜行性の動物が活発に活動する様や、夜行性でなくても夜ならではの生態がみられるので
動物好きなら必ず訪れるべき場所だと思う。


まったくトラブルも無い順調な旅
面白い光景に出くわすわけでもない
ある意味平凡な旅とも言えるが
最高の一日となったことだけは確かだ


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by アキ at 2016/10/08 20:52
コメント(0)  トラックバック(0)
 103件中1~5件表示  次のページ

検索


リンク

プロフィール
ニックネーム:アキ
誕生日:3月12日
性別:男
自己紹介:
英会話教室に10ヶ月通った後いきなりの飛行機での世界一周、その後たった1週間後にピースボート71回に乗船という、1年以内で違う方法で世界二周するという貴重な経験を。
旅は徐々にバックパッカー風になるも、片手にはモバイルを欠かさない。

貴方が育てるこのサイト
   ↓クリックで応援↓

   ↑清き一票を↑
Copyright 2007 旅のススメ All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog