旅のススメ
海外はおろか国内旅行すらおぼつかなかった管理人が
地球一周の船旅を通し徐々に旅なれていく様子と旅からの学びを詰め込んだ冒険の書
カレンダー
<< 2018年5月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

カテゴリ

スポンサード リンク

最新のコメント

過去の記事一覧


上海 夜の豫园老街

スポンサード リンク

※豫园老街、今回上海内で夜に訪れたかった場所だ

さて出張で訪れている上海
仕事終わりなので夜からの観光となった

ホテルの最寄の駅から地下鉄を利用
乗り換えは面倒なので、同じライン上で目的地に一番近い駅へ移動
後は歩いて町を散策しながら行くことにした


歩いているとやたらと煌びやかなビルを発見
GAP だそうだが、建物は写真に納まりきらないほどの範囲で
調光によってモゾモゾと波打っている

※まるでカジノのような煌びやかさ

あいにくの雨模様だったのだが
霞がかっていると夜などは幻想的に見えることもあって
雰囲気はかなり良い


高いビルなどは頂上が霞んでしまい
どのような形をしているのかわからないものまである

GoogleMapを確認しながら目的地まで歩く
思ったよりは遠かったが何とか目的地の豫园老街へ到着した

豫园老街で提灯を燃やす人、何かの儀式なのだろうか

ここは8年前にも訪れているが
メインストリートの数店舗をお土産選びに訪れただけであった
またその時には夜の光景というのは見れていないので
夜景の美しさには圧倒されるものがあった

豫园老街、湖心亭 水面に移る姿も美しい

豫园老街に入ると雨が少し強くなってきたが
運が良いことに比較的屋根があって雨でも動きやすい


携帯のカメラで写真を撮るが
やはり夜景で雨模様となるとそのクオリティは知れている
こういう時は良いデジカメが欲しいと思う


ここには買い物・食事をする場所も揃っているので
観光客に一番知れた場所だというのも納得できる
しかし敷地内に中国で言う文化財のような史跡もあるので訪れたい

豫园老街内、狛犬の表情はかわいらしい

到着時間が遅かったのでレストランなども閉まっているところも多かったが
その中でも賑わっている店に入る

無難な小龍包、野菜をと思ってエノキ料理
目を引いたでかいタニシみたいな料理
しめて92元、あまり安いとは言えないが

※左奥:エノキ料理 左手前:でかタニシ 右:小龍包

まずは小龍包を食す
美味い! 
肉汁があふれ出す勢いで歯ざわりも食感も最高
やはり日本に輸入されて一般的になっているものは現地でもそれなりに日本人の口に合いやすい
むしろ日本で食べたほうが美味しい(日本人にとって)というのは良くある話だが
これは本当に美味しい


続いてエノキ料理を食す
うん、美味い
想像通りの味、値段も安かったしこれは買いだ


続いて本丸のでかタニシ
美味い! 
味付けや匂いを考えると日本人が好む味ではないとは思うが

食事も進む進む

しかし4個目のタニシ問題は起きた



パクッ


モグモグモグ…。


ザリッ



ザリザリザリザリ

んがふっふ

このタニシ、内臓を砂利で埋め尽くしていやがった
結構な量飲み込んでしまった、最悪である

その後も何匹かの腹は砂利で満たされていた
もしかしたら内臓部分は食べないものなのかも知れない


その後は人民広場までぶらぶら歩いて地下鉄に乗り
ホテルに帰った


明日も雨らしいのでホテルでのんびりして
電気街にでも繰り出すこととする



↓クリックでランキングがあがります。 応援ありがとうございます。。
にほんブログ村 旅行ブログへ
   にほんブログ村
posted by アキ at 2013/04/05 12:06

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
147 認証:※左の数字を入力
コメント [*]:
※管理者から承認されるまでコメントは反映されません。

検索


リンク

プロフィール
ニックネーム:アキ
誕生日:3月12日
性別:男
自己紹介:
英会話教室に10ヶ月通った後いきなりの飛行機での世界一周、その後たった1週間後にピースボート71回に乗船という、1年以内で違う方法で世界二周するという貴重な経験を。
旅は徐々にバックパッカー風になるも、片手にはモバイルを欠かさない。

貴方が育てるこのサイト
   ↓クリックで応援↓

   ↑清き一票を↑
Copyright 2007 旅のススメ All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog