旅のススメ
海外はおろか国内旅行すらおぼつかなかった管理人が
地球一周の船旅を通し徐々に旅なれていく様子と旅からの学びを詰め込んだ冒険の書
カレンダー
<< 2018年5月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

カテゴリ

スポンサード リンク

最新のコメント

過去の記事一覧


アカプルコの平穏

スポンサード リンク


※公園には平和な雰囲気が流れている、近くには教会も

到着は早朝
バスターミナルで明るくなるのを待つことにする
危険な情報が溢れるアカプルコであるが
今日泊まるホテルすら決まっていない状況である


外が薄明るくなって人通りも確認できたので
バスターミナルの外に出る
タクシードライバーが何人か待ち構えていたので
英語が話せるドライバーを探す

何とか捕まえた運転手は、ホテルの世話もしてくれるというので
お願いすることにした

1件目のホテル


なんと断られた


あてがある訳では無かったようだ


何件か周り部屋も見学させてもらって
賑やかな公園に近いホテルに決定
早速観光へ繰り出す


街も綺麗だし、人も賑わっているし
本当にここで凄惨な事件が起こっているのかという思いになる

※海岸線、湾の先遠くにはリゾートエリアが見える

すると路地で只ならぬ雰囲気を纏う仙人のような風貌のアジア系の老人に遭遇する
なんと向こうのほうから話しかけてきた


風貌はまるでベストキッドミヤギのよう


その日本人老人との会話によると
凄惨な事件は対岸側のリゾートエリアで中心的に発生しているようで
要塞などがあるエリアは比較的安全とのこと
本当のところはわからないが、妙な説得力があった


そんな事がありながらも
ホテルから徒歩圏内の要塞へ向かう

※要塞

※要塞内部へ

海賊時代に活躍したものであるそうだが
壁面に等間隔に砲台を突き出す隙間が多数あり
なるべく多方面に、または両面より砲撃できるようにだろうか
城壁は上空から見れば星型のような美しい構造物だ

内部は博物館になっており、さまざまな展示物が見れるほか
要塞の天井などにも上がれる

※要塞内博物館にある模型

アカプルコはビーチなどがメインの休養地である
あまり多く訪れる場所があるわけではないので
行かれる方は訪問してみても良いかもしれない


そういえばこの要塞で
また高校生の集団に遭遇した

相変わらず我々を見るなりキャーキャーと騒ぎ立てる


今回は少なからず男子高校生もおり
同様に手を振ってきたり、はたまた写真や握手を求めてきたりと

どうやらメキシコでの有名人に似ているという訳ではなさそうだと
判明はしたが
本当に不思議な感覚である


その後カセドラル前であった男とその事について話したが
どうやら「東洋人!」と言っているようだ

メキシコではまだ珍しい存在である為だそうだ

ある意味貴重な経験である。

※カジキ釣りなども楽しめるようだ

ともあれ
夕暮れの海岸沿いで癒されたり
終始平和的なムードに包まれた一日だった

明日もアカプルコを観光





↓クリックでランキングがあがります。 応援ありがとうございます。。
にほんブログ村 旅行ブログへ
   にほんブログ村
posted by アキ at 2015/05/01 20:05

コメント
コメントはありません。

コメントを投稿する
名前 [*]:
E-Mail:
URL:
Cookieに保存:
146 認証:※左の数字を入力
コメント [*]:
※管理者から承認されるまでコメントは反映されません。

検索


リンク

プロフィール
ニックネーム:アキ
誕生日:3月12日
性別:男
自己紹介:
英会話教室に10ヶ月通った後いきなりの飛行機での世界一周、その後たった1週間後にピースボート71回に乗船という、1年以内で違う方法で世界二周するという貴重な経験を。
旅は徐々にバックパッカー風になるも、片手にはモバイルを欠かさない。

貴方が育てるこのサイト
   ↓クリックで応援↓

   ↑清き一票を↑
Copyright 2007 旅のススメ All Rights Reserved.
Powered by PocketBlog